クイール

映画「クイール」のあらすじ

 ある朝、一匹の子犬が生まれた。

おなかに鳥が羽根を広げたようなブチ模様がある子犬は

、“クイール(鳥の羽根)”と名付けられる。

クイールは盲導犬になるために母犬の元を離れ、

パピーウォーカーと呼ばれる育ての親に預けられる。

彼らのあたたかい愛情を一身に受けて

クイールは元気いっぱいに育つが、別れはあっという間にやってきた。

1歳の誕生日を迎えたクイールは、いよいよ訓練センターに入るのだ。

のんびり屋でマイペースのクイールに、ベテラン訓練士・多和田でさえ手を焼くこともあったが、

クイールは目の不自由な男性・渡辺とめぐり逢う。

最初は全く息の合わない一人と一匹だったが、

ハーネスから伝わってくるクイールの思いやりを感じた渡辺は、少しずつ心を開いていく。

共に歩く喜びをかみしめながら、彼等の絆は日に日に深まっていった。

しかし、お互いにかけがいのない存在になったとき、悲しい別れが突然にやってきた・・・。

 原作は、実在したラブラドール・レトリーバーの盲導犬クイールの生涯を、優しさに満ちた

モノクロームの写真と文章で綴った、「盲導犬クイールの一生」(文藝春秋刊)。

子供から大人まで世代を超えた幅広い層に指示されてベストセラーとなり,,

現在70万部以上を突破している。

さらに2003年夏にはNHKでTVドラマ化され、高視聴率を記録した。

そして2004年春、クイールは映画になって私たちの元へと駆けて来る。

クイールは、尽きることのない無償の愛と信頼という贈り物を、

私たちにそっと差し出してくれるのだ。



「 クイール (S) 」



素材 ポリエステル  サイズ 25cm

価格 ¥1800(税抜)


( 完売しました。)


《ご注文方法について》


FAX専用注文書


ぬいぐるみブティック・スターチャイルドのオフィシャルサイトです。

http://www.star-child.co.jp

ぬいぐるみブティック
株式会社 スターチャイルド
〒161-0032 東京都新宿区中落合2ー18ー11 
TEL&FAX 03-3950-2371