Star Child Story


限りなく広がる宇宙に、ひときわ輝く星がありました。

その星には、いろいろな生き物が助け合いながら暮らしていました...。

その星には、愛と勇気と希望が満ちあふれていました。


ある時、クマの坊やが、望遠鏡で星空を眺めていました。

その坊やの名前はアルカスといいました。


望遠鏡にはいろいろな星が見えました。その中で、ひとつだけ目にとまった星がありました。

その星はブルーに染まったとてもきれいな星でした。

でもよく見ると、人間たちが互いに殺しあったり、傷つけあったりしていました。

そして、子供たちがいじめられたり、飢えに苦しんでいるすがたがみえました。

そうかと思うと、おいしいものをたくさん食べているのに、それでも満足できず、

もっと欲張っている人間たちがみえました。

アルカスは思いました。

「おなじ星に生きているのだから、みんな仲良くして、

優しくなれば、みんなが幸せになれるのに」


 そこへ、フクロウの校長先生がやってきました。

「アルカス君、どうしたのじゃ。」

アルカスは、その星を見て、思ったことを校長先生に話しました。

 校長先生は静かに話し始めました。

「アルカス君、我々が暮らしておるこの星にも、遠い昔、人間が住んでおった。

しかし、人間たちはみな、自分ひとりのことしか考えていなかったために、

幸せの本当の意味がわからず、滅んでしまったのじゃ。」

「幸せというものは、高いところとか、遠いところにあるものでなく,

また見たり、ふれたりすることのできるものでもない。

すぐ身近にあるものじゃ。心に愛とか夢とか希望が持てれば、

それが、勇気となり、心の支えとなって、みな幸せになれるのじゃ。」


「アルカス君、君に宿題をあげよう。」

そういうと、校長先生はコートの中からキラキラ光ったバトンを取り出し、

アルカスに渡しました。

「あのブルーの星へ行って、幸せになろうと願っている人間や、

心の支えを必要としている人間を見つけたら、このバトンを大きく振ってあげなさい。


そうすると、みんなの心に勇気がわいてきて、幸せの本当の意味がわかるようになるから。」

                                                             つづく

                                            (Star Child Storyより



ぬいぐるみブティック・スターチャイルドのオフィシャルサイトです。

http://www.star-child.co.jp

ぬいぐるみブティック
株式会社 スターチャイルド
〒161-0032 東京都新宿区中落合2ー18ー11 
TEL&FAX 03-3950-2371