自由熊

自由熊とスターチャイルド

 日本で最初にテディベアが作られたのは、1931年(昭和6年)です。
そのテディベアの名前は、「自由熊」。
この「自由熊」の名前の由来は、読んで字のごとく、
首、腕、足が自由に動くというストレートな命名です。
 和声テディベア「自由熊」を最初に制作したのは、当時、三河島の大和田玩具製作所。
ある日、取引先玩具卸の社長がヨーロッパで手に入れたシュタイフのテディベアを持ってきて、
これと同じものを作ってとの依頼から始まった。
 それまでの熊のぬいぐるみとは全く違った、日本初のテディベア作りは困難を極めた。
特にジョイントの製作に苦労した。
 試行錯誤の末、厚手のボール紙と、ブリキの円盤に穴を開けたもの、釘をなめしたもので、
ジョイントの代用として製作した。
 太平洋戦争後、東京、中野区江古田で大和田玩具製作所は製造を再開した。
 大和田玩具製作所で技術・技能を修得した私の父・長谷川江級久は、1952年(昭和27年)、
現在の新宿区中落合に、長谷川玩具製作所を創業した。
 1957年(昭和32年)、私の誕生祝いに、私だけの「自由熊」を作ってくれた。







 大学卒業後、私は、長谷川玩具製作所に就職しました。、
1990年(平成2年)、ぬいぐるみの企画・製造・販売会社 
株式会社スターチャイルドを創業しました。
 そしt、2000年(平成12年)、「自由熊」の新しいモデルを
発売しました。



2004年(平成16年)、突然父を亡くしました。
ショックで仕事に身が入らず悶々としていて、このままではいけないと
思いながら、日々を過ごしていました。
 ある日、目白駅近くの陶芸教室の1日体験講座に参加しました。
この時味わった感覚は、フランスの哲学者アランの「幸福論」になかの
「人間は、意識し、ものを作り出すことによってのみ幸福である。」その
ものであった。
 2012年(平成24年)、陶製の「自由熊)を作りました。

                                   長谷川 孝博






自由熊コレクション

「1950年 製造」




「2000年 製造」









http://www.star-child.co.jp